『整骨院』がどのような治療をおこなっているか
具体的には知らないという方もたくさんいらっしゃいます。

また、『整骨』『接骨』『整体』『整形外科』・・・
よく似た言葉がたくさんあって、実際には、どこに行けばいいのか迷ったことはありませんか?

下記にてご説明いたしますので、ぜひ、みなさまのご参考になさってください。

整骨院について

整骨院は柔道整復師が柔道整復術による治療を行うところです。
骨・関節・筋・腱・靭帯のプロがいます。

柔道整復『術』とは

日本古来の武術のひとつである「柔術」には、相手を殺傷する「殺法」と傷ついたひとを蘇生・治療する「活法」があります。殺法と活法は、発展変遷をとげ、現在「殺法」の技は競技柔道に継承され、活法は負傷者に施す治療法として「ほねつぎ」「接骨」として伝承され、「柔道整復術」となっています。

柔道整復『師』とは

柔道整復師とは、厚生労働省の許可した教育制度のもと、解剖学、生理学、運動学、病理学、衛生学、公衆衛生学などの基礎系科目と柔道整復理論、柔道整復実技、関係法規、外科学、リハビリテーション学などの臨床系専門科目を履修します。
国家試験を受け、合格すると厚生労働大臣免許の柔道整復師となります。
資格取得後は、臨床研修を行い、「接骨院」や「整骨院」という施術所を開業できます。

柔道整復師の業務

接骨院や整骨院では、柔道整復師によって、骨・関節・筋・腱・靭帯などに加わる急性、亜急性の原因によって発生する骨折・脱臼・打撲・捻挫・挫傷などの損傷に対し、手術をしない「非観血的療法」によって、整復・固定などを行い、人間の持つ治癒能力を最大限に発揮させる治療を行っています。

『整骨』『接骨』『整体』『整形外科』?

『整骨』と『接骨』の違い

『整骨』=『接骨』、同じです。

骨を整えると書いて『整骨』。
骨を接ぐ(つぐ)と書いて『接骨』。
両方とも「柔道整復師」という国家資格を取得した先生が、捻挫、打撲、挫傷(筋・腱の損傷)骨折、脱臼などの治療を行っています。
保険診療と自由診療があります。(整骨業務には保険が適用されます。)

『整骨』と『整体』の違い

一文字違う『整体』ですが、治療の内容は異なります。

『整体』は手技を用いた民間療法で、矯正やマッサージを行います。
はっきりとした国家資格はありません。
自由診療のみで施術を行います。(保険は適用されません。)
完全に自己責任での受診ですので、整体をご利用の際には、信頼できる先生を探して通院することをお勧めします。

『整骨』と『整形外科』の違い

『整形外科』は医者であり、主に外科的手段、薬品の投与等で治療を行います。
対して、柔道整復術は柔術の基本である武道の「活法」を基本として、これに東洋、西洋の医学技術が加わったものです。

症状によっては、柔道整復師は整形外科治療前の応急処置や、治療後のリハビリ・指導を行うなど、整形外科医師と連携して対処していく場合があります。
整形外科のリハビリやスポーツ施設、介護施設などで活躍している柔道整復師も多くいます。

※ 水・日の午後・祝祭日 休診

午前
8:00 - 12:00
午後
14:00 - 17:00